単身 引っ越し 相場

引っ越し相場を簡単に知る方法

単身 引っ越し 相場

単身 引越し 相場

単身 引っ越し 平均

単身 引っ越し 概算

単身 引っ越し 料金

 

一人暮らしの引っ越し、どのくらいの費用がかかるか知りたいと思いませんか?

 

引っ越し料金は、距離や時間、人件費、オプションの有無によって料金が決まります。

 

東京から東京への引っ越しと、東京から大阪への引っ越しとでは、料金に5万円以上の差が生じます。

 

オフシーズンと繁忙期によっても、引っ越し費用は15000円くらい差があるのです。

 

自分の引っ越しにはいくらかかるのか知りたいなら、実際に見積もりを取ってみるしか方法はありません。

 

相場や最安値を知りたいなら、複数の業者から見積もりを取る必要があります。

 

それが簡単にできるのが、引っ越し業者一括見積もりサイトです。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

 

これなら簡単に、一度で複数の引っ越し業者からの見積もりを取ることができます。

 

あなた自身の引っ越し費用の相場はもちろん、最安値も一目瞭然というわけです。

 

是非ご活用くださいね。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し手順

 

引越し費用は1年中、いつでも同じ値段というわけではありません。
時期や時間によって、同じ量で同じ距離の引越しでも価格に差があるのです。

 

引越し業者には繁忙期と呼ばれる時期があります。

 

この時期は全国どこの引越し業者もとても忙しく、引越し料金も他の月よりも高めに設定されています。

 

では繁忙期とはいつのことで、なぜ忙しくなるのでしょうか?

 

ズバリ繁忙期とは3月のことです。
2月の終わりから4月の頭にかけて、繁忙期は続きます。

 

引越し業者が3月に繁忙期を迎える理由はいくつかあります。
4月の新学期を前に新大学生や新社会人が大学や会社に通うために引越しをします。
さらに春は企業の人事異動もあるので、転勤のサラリーマンとそのファミリー、単身赴任のサラリーマンの引越しもここに重なります。

 

つまりこれだけの人が引越しする理由があるわけですから、それは引越し業者はとても忙しいのです。
もちろん何もせず繁忙期を迎えるわけではありません。
スタッフを増員したり、何回も現場を回っったり対処をするのですが、それでもすべての依頼を引き受けることができない日もあります。
そういう日は、依頼を断らざる得ないのです。

 

もし繁忙期に引越しをするなら、新居が決まったらすぐに複数の業者に見積もりを依頼して一番条件の良い引越し業者と契約しておきましょう。
この時期の引越しはスピードが命です。

 

 

引越しを安くする条件

 

引越し安く

 

引っ越し費用を何とか安く出来ないものか・・・。
まず大前提なのですが引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますから、荷物をできるだけ減らすことです。
不用品を運ぶ費用ほど無駄なものはありません。

 

そして3月前後は繁忙期なので何をせずとも一番引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期は避けたほうがいいです。

 

しかしどうしても繁忙期を避けられないなら、新居が決まったらすぐに一括見積もりを取って複数の業者を比較し、一番良いと思う業者と契約してしまいましょう。 

 

引越しの準備が遅くなるほど良い業者は予約で埋まり、高い業者しか残らない傾向があります。

 

曜日で言えば、土日祝日は引っ越し希望者が多いので平日に比べると費用が高めです。
仕事を休まずに引越し出来るので予約が集中します。 
平日は割引されることが多いので結果的に費用が安くなるのです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

時間で言えば、午前中に荷物を運び入れて午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があるので、安く引越しできます。

 

長距離の引っ越しは、荷物が少なければ単身コンテナ便や混載便を利用することで安くできます。
混載便は荷物が運ばれるまでに日数がかかる場合もあるのでお気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

 

エレクトーン 宅配 エレクトーン 運搬 エレクトーン 配送 ベッド を 送る